欅坂46・乃木坂46はオワコン、時代はAKB。異論は認める。【死にか欅】

『ひらがな推し』を初回だけ見て録画をやめた。
正直、ひらがなには何一つ期待できるところがない。「明るい未来」を感じない。
なんだかよく分からない集団なのは相変わらずで、きっとこれからも変わらないだろう。
長濱ねるの離脱は良くなかったと思う。
けやき坂一期生は乃木坂二期生と立場が似ていて、ずいぶんと割りを食っている。
長濱ねるは秋元真夏と堀未央奈のような立ち位置か。二人のミックスなのでより存在感がある。

『ひらがな推し』を切ると同時に『乃木坂工事中』や『欅って、書けない?』も見なくなった。
見たら楽しめると思うが、「もういいや」という気持ちがある。

乃木坂や欅坂にも「未来」を感じない。
乃木坂は人気メンバーの高齢化が著しい。個人的には三期生・与田祐希の人気は一ミリも理解できない。
欅坂は平手不在で死に体。長濱ねるやその他のメンバーではどうにもならない。

自分は最近AKBを見ている。
48グループはもう下げ止まりしてると思う。
乃木坂は緩やかに死に向かっていて、欅坂は死体そのものだと思う。
AKBはゾンビ。
ゾンビ良いでしょ、ゾンビ。
核戦争後の未来感とも言える。

追伸:ネットで見かけた「死にか欅」という言葉に笑いました